RECRUIT採用情報

社内インタビュー

暮らしに近い、快適なユニットハウス製造

鶴田社長/オオマチワールドで造るユニットハウスは、工事現場やイベント会場の仮設など、皆さんの身近でも役立っています。大型ユニットハウスで『折り畳む』方式を自社開発し特許を取得。それを基盤に、新製品の開発やデザイン性に優れた商品考案、製造から販売、レンタルまでを行う企業として、東北から全国に発信していくことが私の使命と考えています。拠点を増やし売上げが着実に増加する中、私たちに必要なのは会社を支えてくれる若い力です。

優れた企業スタッフを育む、充実した研修制度

鶴田社長/2017年4月に入社した開発部のS.Yさんは、とても頑張っていますね。

S.Yさん/ありがとうございます!まだまだ不慣れですが、楽しく仕事をさせていただいております。
自分に合った仕事に就きたいと考えていた時に知ったのがオオマチワールド。もともとデザイナー志望で、モノづくりに興味がありました。製品を創る魅力と、親会社が東証一部上場企業だという安定感が入社の決め手になりました。

鶴田社長/説明会や会社訪問は、待遇から工場・事務所の隅々まで見ていただくよう心掛けていますが、入社後の印象はどうですか?

S.Yさん/仕事はやりがいがあり、研修制度が素晴らしいです。4月の約1週間の導入研修に始まり入社3年目までは3ヵ月に一度の3日間のフォローアップ研修では、コミュニケーション力向上、ストレス対策など、多くを学ばせていただいています。全国のグループ企業から集まる同期の仲間と話せる機会も有難いです。

積み重ねた経験こそが、明るい将来を拓く

鶴田社長/長年、頑張っているM.Tさんは、先輩としてどんな思いがありますか?

M.Tさん/大町モータースに事務職として入社し、後にオオマチワールドに在籍。早いもので入社14年目です。会社が被災し、社員一丸となって復旧作業にあたる体験は貴重なものでした。入社当初は総務的なお仕事、次に本社業務など、さまざまなセクションを担当。この春からは営業として、仙台市内、石巻や気仙沼などのお客さまとの打ち合わせに従事。社外でのお仕事には責任の重さを感じますが、積み重ねたさまざまな経験が営業職に役立っています。

鶴田社長/皆さんのように前向きな力があってこそ、会社はさらなる飛躍ができると思います。「衆知が集まる」そんな企業を目指して、志高い仲間に集まって欲しいですね。